脱毛サロン比較ランキング|口コミで人気、おすすめのサロンを徹底調査!

脱毛サロンランキングの口コミを比較するならここ!

トップページ » 脱毛器について

脱毛器人気ランキング

1位 ケノン

脱毛器の中でダントツに人気のあるケノン。価格は高額ですがそれに見合った効果はあると好評です。いろんな色の... おすすめ

2位 トリア

クリニックレベルの脱毛を自宅で実感する事ができるトリアは、長い脱毛効果が期待でき、簡単に使用する事ができるため... 人気

3位 エピナード

ムダ毛の処理はもちろんの事、肌へのダメージを考えられているエピナードは全身に使用可能となっており...

家庭用脱毛器での脱毛効果は?ケノンとトリアを比較してみた

女性の悩みの一つであるムダ毛処理。

カミソリでの自己処理は、安くて手軽で便利ですが、角質を削いでしまって肌ダメージを与えたり、埋没毛になったりして、ベストなムダ毛処理とは言えません。

そうなると、家庭用脱毛器を購入するか、脱毛エステ・サロンに通うかということになります。

家庭用脱毛器はエステやサロンなどで脱毛に比べれば低価格で済みますが、それでもかなり大きな買い物になります。 なので失敗はしたくないですね。

そこで、家庭用脱毛器の効果について紹介します。

家庭用脱毛器の効果は1回では得られない

家庭用脱毛器を使っても、1回の脱毛でムダ毛が全部なくなるという訳ではありません。 毛の成長サイクルである毛周期に合わせて脱毛を行います。

ムダ毛を含む体毛は

成長期1→成長期2→退行期→休止期

のサイクルで生えては、抜け落ちを繰り返します。

家庭用脱毛器は成長期1、成長期2の毛に光を当てて、脱毛する形になります。

毛周期のサイクルスピードは部位によって違うため、どれくらいの間隔で何回脱毛すればいいかは部位それぞれですが、家庭用脱毛器で一番多い、フラッシュ式脱毛器は2週間から4週間くらいの期間を空けて施術を行ないます。

その施術を数回〜十数回繰り返すことで、脱毛効果が得られます。

なので脱毛効果を得られるには3ヶ月〜半年以上かかります。 つまり、春の終わりや夏になってから、家庭用脱毛器を買って脱毛をはじめても、その年の夏には間に合わなく、前年の秋〜冬からはじめて、徐々に脱毛していく必要があります。

■2大家庭用脱毛器、ケノンとトリアの比較

家庭用脱毛器の人気があるのがケノンとトリアです。この2つを比較してみたいと思います。

家庭用脱毛器は脱毛方法によって3種類あります。脱毛効果(照射のパワー)は「レーザー」>「フラッシュ」>「サーミコン」の順です。

ケノンはフラッシュ脱毛、トリアはレーザー脱毛です。ですので、脱毛効果はトリアの方が上です。

ただ、レーザー脱毛は強い痛みを感じる人もいて、中には続けられない人もいます。また肌が弱い人は赤くなってしまったりします。

照射面積の部分ですと、ケノンは3.7cm×2.5cmでフラッシュ式脱毛器の中でも一番大きいです。 トリアはレーザー脱毛のため、0.8cm×0.8cmとかなり小さいです。 なので、トリアの脱毛処理はかなり地道な処理(元々家庭用脱毛器を使うこと自体地道な処理ですが…)をコツコツとすることになります。

なので、トリアを買って効果を得られる人は、脱毛する範囲がワキなどそこまで広くない人、多少の痛みならOKという人、気の長い人となります。 逆に、ケノンを買って効果を得られる人は、本格的に全身脱毛したい人。痛みに弱い人、気の短い人となります。

どちらが優秀と言うよりは、自分の性格やライフスタイルを第一に考えて家庭用脱毛器を選べば、自分にとって最適な一台を購入できるのではないでしょうか?

■家庭用脱毛器で脱毛するか?脱毛サロンで脱毛するか?

脱毛というと、家庭用脱毛器で脱毛するほかに脱毛エステや脱毛サロンに通うことを考える方も多いと思います。

どちらがいいかというのは、どちらもメリット・デメリットがありますし、またその人の性格によっても家庭用脱毛器がいいか脱毛サロンがいいかは分かれます。

全身脱毛をするなら、脱毛サロンがおススメです。 体中のムダ毛、ワキ、脚、背中、ビキニライン、顔、指、などなどたくさんの場所の施術が必要になります。 これは家庭用脱毛器では、かなり時間と手間がかかってしまいます。 業務用の脱毛器で、プロの手によってキチンと施術してもらう方が賢明です。

逆に部分脱毛でしたら、家庭用脱毛器の方で十分キレイに脱毛できますので価格面でも、面倒臭さでも家庭用脱毛器の方に軍配が上がります。

■家庭用脱毛器のメリット

1.予約の必要がない。自分のペースで脱毛が出来る

2.通う手間がない

3.毛を見られることがないので恥ずかしくない

4.やりたい個所を出来る

■脱毛サロンのメリット

1.寝っ転がっていればいいので楽

2.すみずみまで全身脱毛が出来る

3.プロの手によっての施術なので、仕上がりがキレイ。相談もできる

などがあります。

それぞれのメリットを考えて、どちらがいいかを選ぶ必要があります。

今は家庭用脱毛器でもキレイに脱毛効果が得られる機械が増えました。 自分にとってどの脱毛器が合うか、メリットデメリットを考えて、家庭用脱毛器を選んでください。

この秋から脱毛を始めて、来年の夏はステキな肌を見せましょう。

脱毛器について

いつまでもキレイな女性でいたいのは、世の中の女性誰もが思うことです。 特に夏になると心配なのが、ムダ毛処理ですよね。 薄着になって洋服からすらりと伸びた手足によく見ると、ムダ毛が残ってたりすることもあって慌てたりすることがあります。 そんな目にあわないようにするためにも脱毛器を利用しませんか。

エステサロンなどの高額なコースを利用する前に、まずは手軽な家庭用脱毛器を使ってみましょう。 お手ごろな金額から10万円近くするものが揃っていますし、口コミサイトもかなりありますのでそちらを参考にしながら探してみましょう。 ちなみに家庭用脱毛器はレーザー方式とフラッシュ方式とサーミコン方式の3種類があります。 それぞれの特徴から自分にあった物を見つけましょう。

まずレーザー方式は医療機関でも使われていますが、家庭用は威力も下げられているので、安全に使えますから安心してください。 黒い色素に反応して毛根にダメージを与えるため威力も強く、当てる回数を増すことでムダ毛を減らしていきます。 効果がある分、肌に負担をかけて痛みもありますし当てる範囲も狭く、肌が色黒な人やほくろにシミがある人には不向きな脱毛器となっています。

次にフラッシュ方式はレーザー方式と同じように黒い色素に当てていくのですが、インテンスパルスライトという光を当てています。 この光は肌の負担が少なく毛根のみに働きますし、光を当てる範囲が広いのが特徴なので全身脱毛にも向いています。 最後にサーミコン方式は熱線による熱でムダ毛をカットしていくため、カミソリなどと同じ除毛器に近いものです。

ムダ毛の毛根にダメージを与えるのではなく、カットしていって回数を重ねて薄毛にしていく効果があるものです。 3種類を紹介してきましたが、一番肌に負担がないフラッシュ方式がおすすめといえます。 もちろん効果の大きいレーザー方式やその都度処理ができるサーミコン方式も、目的によって使い分けて使うのがいいですね。

それから家庭用脱毛器を使用後の処理も大切です。 脱毛が終わったら、アイシングが出来るように冷たいタオルや保冷剤を用意しましょう。 冷え症の場合は冷やした後に温かいタオルで温めることも、さらにローションをつけて肌のケアを行いましょう。 ムダ毛処理は簡単に行えますが、正しい処理方法とその後のケアを怠ると、より肌に負担を掛けてしまいます。 キレイでスベスベの肌を保つためにも脱毛器の取り扱い説明書をよく読んで、処理を行ってください。

脱毛器の関連記事

2015/04/15
ムダ毛の処理は脱毛器が簡単
2015/04/02
家庭でも利用できる脱毛器
2015/03/24
脱毛器の種類とメリット、デメリット
2015/03/17
肌を傷めないムダ毛処理なら脱毛器が最適
2015/02/18
家庭用脱毛器の選び方
脱毛サロン比較ランキング|口コミで人気、おすすめのサロンを徹底調査!

↑ PAGE TOP